2020/2021冬期エール・フランスとトランサヴィア航空がモロッコ―フランス間増便を決定

Topics

エール・フランスとエールフランス‐KLMグループであるトランサヴィア航空が、12月より、モロッコ―フランス間の増便を決定したことが発表されました。

トランサヴィア航空は12月14日から、フランスのリヨン・モンペリエ・ナント・パリ4つの都市から25,704席の収容人数を設定するとのことです。

マラケシュ発

  • マラケシュ―パリ・オルリー
  • マラケシュ―リヨン
  • マラケシュ―モンペリエ
  • マラケシュ―ナント

アガディール発

  • アガディール―パリ・オルリー
  • アガディール―リヨン
  • アガディール―ナント

パリ・オルリー発

  • パリ・オルリー―フェズ
  • パリ・オルリータンジール
  • パリ・オルリーエッサウィラ
  • パリ・オルリーワルザザート

モロッコ国立観光局(ONMT)によれば、昨年の2019/2020の冬期と比較して、57%の回復を表しているとしています。

またエールフランスは、パリ―マラケシュ、パリ―ラバト、パリ―カサブランカ間のフライトにおいて23,000席以上を確保する予定です。

 

参照:Morocco World News

 

にほんブログ村 海外生活ブログ モロッコ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村