[モロッコ天気]8月の気温と服装

04/05/2019基本情報

8月のモロッコは、まさにアフリカを思わせる日々が続きます。
陽は射すように肌を直撃し、痛く感じます。
昼間は歩くのが辛い時期です。

町でも砂漠でも40度を超えることも珍しくなくなってきます。
日向にいると日差しが痛いです。

8月の各地の気温

フェズ

単位:℃

マラケシュ

単位:℃

メルズーガ(砂漠)

単位:℃

ワルザザード

単位:℃

参考:AccuWeather  2018年の実際の気温

 

モロッコのどの地域でも35度にいかない日がなくなってきます。
最高気温が40度を超える日も珍しくありません。

日本と違い湿気がほとんどないので、日陰に入ると気温ほどの暑さは感じませんが、肌を露出して日向にいると、肌がじりじりと焼けるように痛く感じます。

シェフシャウエンは山の中になりますので、フェズよりさらに最高気温が2〜7度、最低気温が2〜5度低くなります。

8月の降水量

参考:気象庁 地点別データ・グラフ

 

雨の日はほとんどありません。

 

8月の服装

昼間はかなり暑いので基本半袖で問題ありませんが、日差しが刺すように肌にあたるので、逆に肌の露出を避けることができる長袖シャツの方がかえって涼しく感じるかもしれません。
朝晩は涼しく感じることもあるので、薄手の長袖シャツやトレーナーなどを持参しておきましょう。
日本の山間部に行くと、昼間は暑くても夜は涼しくなるのと同じような感じです。

かなり日差しがきついので、日焼け止めやサングラス、帽子は必須です。

砂漠に行く場合は、昼間用に確実に日差しを避けるための帽子やストールを用意してください。
肌の露出が多いと陽があたって痛いので、砂漠では長袖シャツを着ていた方が直射日光を避けることができ、かえって楽に過ごせることも。

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ モロッコ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村