カサブランカの博物館建築に隈研吾氏が携わることが明らかに

カサブランカ,Topics

隈研吾氏設計の新国立競技場

カサブランカの新しい博物館となるDocteur Leila Mezian Benjelloun博物館の建築に隈研吾氏が携わることが発表されました。

Docteur Leila Mezian Benjelloun博物館は、カサブランカのムーレイユーセフ通りに隣接し、2年後に開館予定となっています。

アマジーグの文化を中心にモロッコの文化に焦点を当て、宝石、モロッコのさまざまな都市の刺繡、カフタン、絵画や彫刻の作品、陶器、儀仗などが展示される予定とのこと。また、期間限定の展示会なども開催される予定です。

建築には、モロッコの建築家OuafaaBoutenacheも関わるとしています。

参照:LE360

 

にほんブログ村 海外生活ブログ モロッコ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村