モロッコおすすめ観光スポットBEST5

20/10/2018エリア情報

日本からモロッコを訪れるとなると1週間の休みが取れたとしても往復で最低2日間はかかるので、実際の滞在期間は5日間…。

しかもキツイのは、モロッコのそれぞれの見どころが離れていること…。

短期間でどこを訪れてよいか迷っている方に、たくさんあるモロッコの見どころの中でここだけはぜひみてもらいたいと思うスポットBEST5を紹介いたします。

 

サハラ砂漠 Sahara Desert

日本では絶対見ることのできない景色。
せっかくモロッコへ来たのであれば訪れて欲しいと心から思います。
黄金に輝く砂をぜひその目でみてください。

行き方

<個人で>
バスでリッサニまたはエルフードまで行き、そこからグランタクシーでメルズーガまで。

<ツアーで>
プライベートツアー、シェアツアーとも現地からたくさん出ています。
個人で行くとなかなか大変な道のりなので、現地発着ツアーを使うことをおすすめします。

 

シェフシャウエン Chefchauen

青く塗られた家々が道いっぱいにたたずみおとぎの国のような雰囲気のシェフシャウエン。

近年はフォトジェニックな町として大人気です。
猫も多く、青い景色を背景に猫を撮影すれば、誰でもプロ顔負けの写真が撮れてしまう!?

小さい町なので見どころはそれほど多くはありませんが、山と川に囲まれゆったりとした雰囲気が流れるシェフシャウエンは、旅路の疲れをゆっくり溶かしてくれるでしょう。

人気の場所だけに観光地観光地していそうですが、お土産屋は並んでいるもののすぐ側では人々が静かに暮らす様子も伺い知ることができ、なんだかホッと一息できる町です。

行き方

<個人で>
フェズからバスで約5時間

<ツアーで>
プライベートツアーでフェズから約4時間

 

マラケシュ Marrakish

ジャマエルフナ広場を中心とした世界遺産のメディナを擁するエネルギッシュな町。
マラケシュほど日本人が抱くモロッコのイメージを体現している町はないでしょう。

狭い道を行き交う車、バイク、しつこいほどの呼び込み…。
2、3日滞在するとどっと疲れるけれど、なぜかまた訪れたくなるクセになる場所です。

行き方

カサブランカから電車またはバスで約4時間

 

トドラ峡谷 Gorges du Todra

ワルザザード近郊には7世紀にアラブ人から逃れたベルベル人がカスバ(城砦)を築いて住居を構えたとされる集落が多くあり、それらが広がる道のりは「カスバ街道」と呼ばれます。

そのカスバ街道にあるティネリールの町からトドラ川方面に行くと、切り立った岩壁が立ちはだかる峡谷があります。それがトドラ峡谷です。

透き通る水が流れるトドラ峡谷は、空気も澄み切ってとても気持ちの良い場所です。
何日もボーッと過ごしたくなります。

ヨーロッパのロッククライマーに人気の地でもあり、岩壁を登る人々を見ることもできます。

行き方

ティネリールからグランタクシー

 

フェズ Fez

モロッコ最初のイスラム王朝であるイドリス朝の都となった世界最大の旧市街(メディナ)があるフェズ。
また、モロッコで最初に世界遺産に登録された場所でもあります。

メディナ内にあるカラウィーン・モスクは、世界に現存する最古の継続的に活動している教育機関であり、また初の学位授与を行った教育機関として世界最古の大学されています。

巨大な迷路のようなメディナは初めての人が全体像を掴むことは不可能です。
それゆえ一度訪れただけでは、フェズの魅力はわからないかもしれません。
けれど、それゆえ奥深い町でもあります。

 

全ての場所に効率よく行くには?

たった5日間でこれら全てを巡ることは不可能なのでしょうか?

プライベートツアーを使えば、それは可能です。
せっかくアフリカ大陸まで来るのであれば、全部見て帰ってください!

現地発着ツアー会社はカリムトランスポートがおすすめです。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ モロッコ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村