甘くてジューシー!モロッコのフルーツ

27/09/2018基本情報

モロッコのフルーツはとにかく甘くてジューシー。しかも安い!
フルーツ好きであれば必ず食べてもらいたいのがモロッコのフルーツです。
日本とは違い、モロッコでは旬の果物しか町で見ることができません。
そのため、必然的にモロッコにいると旬のフルーツが何かわかります。
旬の時期は、ほとんど日本と一緒です。

1月〜2月

いちごが出回る時期です。
500gDH8(約100円)ほど。
日本のように見かけがいいものばかりではありませんが、味は甘くて美味です。

その他、西洋なしが出てくるのもこの頃です。

 

3月〜5月

モロッコでよくみかける生のオレンジジュースに使われるオレンジが出てきます。
モロッコではオレンジが豊富。家の前にオレンジの木がある家も多くあり、またそのオレンジも申し分なく美味しいので、わざわざ買う人も少ないのでしょうか。他の果物と比べて、さらに安いのがオレンジです。

この時期にはビワも出てきます。

 

6月〜9月

スイカメロンサボテンすももが出てきます。

スイカもメロンも特大!
日本では高級とされるマスクメロンがひと玉たったのDH10ほど。
日本で食べるのがばからしくなってしまうかも。

 

9月〜12月

ぶどうが多く出回ります。500gDH8(約100円)ほど。
これも甘くてジューシー。

りんごもこの時期から多く出てきます。

日本ではもおなじみの温州みかん、柿もこの頃に出てきます。

 

一年を通して食べられるもの

バナナは年中出ていて、モロッコ人がよく食べる果物のひとつです。
バナナは2016年時点で世界35位の輸出量。
スペインなどにも輸出しているそうです。

(参考:世界のバナナ 生産量 国別ランキング・推移

 

とにかく安くて美味しいモロッコフルーツ。
ぜひお試しください。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ モロッコ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村