実は最もお得!? 海外キャッシングで両替

18/09/2018Topics

モロッコの銀行。右手にある小さな窓口がATM。

両替すると手数料が痛いですよね…。
為替相場が1ユーロ=130円だったとしても両替すると1ユーロ=150円ほどになってしまうことなんて通常。
ましてや、日本円をユーロに両替してから、さらにユーロをモロッコDHに両替してしまうと2重の手数料が取られてしまうわけです。
ですから、モロッコの観光都市では日本円を両替できますので今回の旅がモロッコだけであるのであれば、ユーロには両替せずに円だけをお持ちくださいね。

さて、そんな中、手数料が安い両替方法があります。
それが海外キャッシング
キャッシング、それも海外で…というとちょっと恐ろしい気がしてしまいますが、実は条件を満たせばこれが最もお得なんです。

 

海外キャッシングとは

クレジットカードを使って空港や駅、銀行のATMで現地通貨を引き出すことです。

 

海外キャッシングのメリットとデメリット

<メリット>

・現金を持ち歩かなくて良い
・手数料が割安!
・両替所が閉まった後でも両替できる
・手持ちの現金がなくなってしまったときに使える

<デメリット>

・ATMがない場合に両替ができない
・ATMに対応するカードが必要
・カードが機械に入ったまま出てこないことが…
・早く返済しないと手数料が割高になる

 

対応カード・対応ATM

まずモロッコではVISAカードかMasterCardが主になりますのでVISAカードかMasterCardが必要です。

対応ATMはカードによって異なります。

VISAカードならPLUSマークのあるATMが、MasterCardならCirrusマークのあるATMが対応しています。

 

 

気になる手数料は?

<セゾンカードの場合>

例えば2万円分をモロッコDHに両替した場合(DH1=12円で計算)

現地で両替した場合(両替手数料率3%で計算した場合)

両替手数料576円

海外ATMでキャッシング利用から14日後にセゾンATMで一括返済した場合

利息・手数料合計353円
(年利18.0%、ATM手数料216円※を含む)

と200円以上もお得!

 

利用限度額は?

利用限度額はご自身のクレジットカード会社との契約によります。

※モロッコのATMで一度に引き出せる額はDH2,000までとなっています。

 

ATMの使い方

マラケシュ、カサブランカ、ラバト、フェズなどの観光都市には銀行が多くあり、銀行入り口の隣に必ずATMが置かれています。

モロッコの銀行。右手にある小さな窓口がATM。
モロッコの銀行。右手にある小さな窓口がATM。

<使い方>

1. ATMのキャッシングを指定
2.クレジットカードを入れる
3.暗証番号を入力する
4.引出す金額を指定
5.現金を受け取る
6.クレジットカードとレシートを受取る

日本でATMを利用する際と同じです。

 

注意すべきこと!

レートを確認する

海外キャッシングのレートがとても悪い、ということがないこともありません。

借りる前にレートを確認しましょう。

返済時の手数料についても考慮する

返済の際に手数料がかかってしまう場合は、少額の両替だと得にならない場合が。
返済についてもきちんと考えて借りましょう!

返済はなるべく早く

キャッシングなので、返済日が遅くなればなるほど利息がかかります。
クレジットカードで海外キャッシングした場合、買い物などのクレジットカード利用分と一緒に清算できるのが便利な点ではあります。
しかし、海外キャッシング利用分を通常のクレジットカード利用分と一緒に銀行引き落としなどで返済しようとすると、最悪約2ヶ月分の利息を支払わなくてはならなくなります。

例えば、前月4日締めの翌月10日払いだった場合の契約で9月5日にキャッシングしたとします。

10月4日に締められ支払いは11月10日なので9月5日から11月9日までの60日以上の利息がかかってしまうことになり、それだと結局、両替所で両替した方がお得だったということになるのです。

・利用クレジットカードの締め日と支払い日を確認すること!
・利用クレジットカードのキャッシング利率を確認すること!
・とにかく帰国したらなるべく早く返済すること!

銀行が開いている昼間に行う

両替所が閉まった後でも両替できるのが魅力のひとつですが、万が一カードが機械から出てこない!なんてことになってしまったときのために、銀行が開いている時間に利用する方が良いでしょう。

暗唱番号は決して見られないように!

暗唱番号を盗まれ、スキミング被害に合わないためにも暗証番号は見えないように押しましょう。

暗証番号は忘れないように

暗唱番号を3回間違えるとカードがロックされてしまうのは海外でも同じ。
海外でクレジットカードが利用できなくならないよう、暗証番号はしっかり覚えておきましょう。

カードとレシートの取り忘れがないように!

海外でカードを盗まれることがないようにカードの取り忘れに注意してください。また、何かあった時のために返済が済むまではレシートを必ずとっておきましょう。

 

返済方法

主な返済方法です。

1.海外キャッシング利用分を通常のクレジットカード利用分と一緒に銀行引き落としなどで返済する

→利息が高くついてしまうのでおすすめできません。

2.帰国してすぐに専用ATMから繰り上げ返済する

最もおすすめです。

専用ATMでなく提携先のATMで支払うと手数料がかかってしまう場合が。

3.帰国してすぐに振り込んで繰り上げ返済する

→振込の金額確認のためクレジットカード会社に連絡しなければならないこと、振込手数料がかかってしまうのがネックです。振込しか対応していない会社もあります。

4.海外から振込対応して返済する

→日本に家族がいるなど、代わりに振り込んでもらえることができるのであればいいですが、振込の金額確認のためクレジットカード会社に伝えなくてはならないこと、振込手数料がかかってしまうので、やはりあまりおすすめできません。

 

カード会社によって返済方法が異なりますので、海外キャッシング前に各カード会社へご確認ください。

 

海外キャッシングがお得になる条件とは?

下記の4つの条件が当てはまるのであれば、海外キャッシングが最もお得になる両替方法となるでしょう。

  1. 2週間ほどの滞在である
  2. 帰国後すぐに返済できる
  3. 返済する際に、振込手数料がかからず返済できる
  4. 割と大きな金額を両替する。
    ※ただし、モロッコでは一度に引き出せるのがDH2,000までとなります。たとえば、DH10,000分を引き出したい場合、5回分のATM手数料がかかってしまうので、手数料代金についても考慮が必要です。

 

絶対に海外キャッシングがおすすめ!とはいきませんが、賢く使えばかなり手数料を安くできます。

大きめの金額を両替しようと思っていて2週間程度で返済できるのであれば、海外キャッシングを利用してみてはいかがでしょうか。

 

※2018年9月現在の情報です。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ モロッコ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村