[モロッコのお祭り]犠牲祭とは?2019年はいつ?注意すべき町の状況は?

03/08/2019Topics

2019年のモロッコの犠牲祭、正式名称イード・アル=アドハーの日程が発表されました。
2019年8月11日〜8月14日です。

モロッコではラマダン明けのお祭りに匹敵するお祭りになりますが、街の活動がほぼ停止しますので、観光客にとっては避けた方がよい時期となります。

 

犠牲祭(イード・アル=アドハー)とは

イード・アル=アドハーのはじまり

イブラーヒーム(アブラハム)がイスラムを信仰していることをアッラーに示すため、息子のイスマーイール(イシュマエル)をアッラーへ捧げることを指示されます。
迷いながらもイブラーヒームは息子をアッラーに捧げることを決意します。
イブラーヒームの信仰心を確認したアッラーは、息子の代わりに羊を犠牲にさせたことがはじめとされています。

日本では、イード・アル=アドハーを「犠牲祭」と訳しています。

イード・アル=アドハーの期間

イード・アル=アドハーはヒジュラ暦(イスラム暦)の12月10日から2〜4日間にわたって行なわれます。
ヒジュラ暦で行われるため、西洋暦では、毎年おおよそ10日ほど前倒されます。
月の満ち欠けで日程が決まるため、ラマダンと同じく直前まで正式な日程はわかりません。
2019年は西洋暦で2019年8月11日〜8月14日と発表されました。

イード・アル=アドハーの期間は、世界中のムスリムが、サウジアラビアのメッカへ訪れます。
日本でもニュースでしばしば取り上げられているので、見たことがある方も多いのではないでしょうか。
メッカへの巡礼に参加していないムスリムは各家庭にて、羊または牛やラクダを生贄として捧げこの日を祝います。

そのため、イード・アル=アドハーの数日前から羊がモロッコの至るところで売られはじめ、羊を購入した各家庭には、しばらく羊が家にいることになります。

イード・アル=アドハーの初日には各家庭で羊を殺し、羊から皮をはぎ、肉から血を抜いたあと、調理しやすい大きさに肉を叩き切ります。
かなりの重労働です。

各家庭で肉を細かく分けます。

肉以外の部分の皮はカバンやジャケットに加工され、脳や内蔵は焼いて食されるため、残るものはほとんどありません。
コーランに「肉の大部分は飢えた貧しい人々に与えられるべきである」とあり、裕福な家は羊を数頭犠牲にし、貧しい人に配ります。

高級食材である羊の脳みそをつかったトマト煮

その日まで家にいた羊が目の前で殺され、分解されていてく様子は、日本人にとってはかなりの衝撃で、見るに耐えないでしょう。
見るに耐えられないといいながら、新鮮な羊肉はおいしく、生命とはなにか、食べるということはなにかについて考えさせられることにもなります。

 

犠牲祭の街の状況

店の開店状況

観光地以外

店はぼぼ開いていません。
警察、郵便局なども閉まります。
なんとか開いているお店を見つけることができるとすれば、カフェ、羊の頭蓋骨を割るのを手伝ってくれるために開いている肉屋、ハヌートでしょう。

頭蓋骨を割ってくれる肉屋

メディナなどの観光地

観光地も例外ではありません。
多くの店が閉まることになります。

交通機関

飛行機、電車、バスは通常通り動いていますが、犠牲祭期間の前後の交通機関は注意が必要です。
犠牲祭前には実家に戻るモロッコ人で交通機関があふれ、また犠牲祭後には自分の普段の家に戻るモロッコ人であふれます。
車で移動する場合は、道が非常に混むので渋滞を覚悟した方がいいでしょう。

列車や長距離バスで移動する場合はチケット確保について注意が必要です。
以前は、モロッコの国鉄(ONCF)は指定席でなかったため列車内は座れない人であふれていたものの直前でも電車に乗ることができましたが、現在は全席指定です。長距離バスも全席指定です。
つまり、席が埋まってしまうと電車・バスの切符を購入できません。
この時期に列車、バス移動を考えている人は早めにチケットを確保しましょう。

また、犠牲祭期間中、プチタクシーはほとんど町中でみることがなくなります。
市内移動をプチタクシーで考えている人は、ご注意ください。

ツアーの催行やホテルの営業

砂漠ツアー、シェフシャウエンツアーなど各ツアーは通常通り催行されています。
ただし、行った先で、お店やレストランが閉まっている、ということがあり得ます。
砂漠ツアーであれば、お店めぐりを目的とする行程ではないため、犠牲祭時期でもそれほど困ることはないでしょう。

ホテルも通常通り、営業しています。

 

モロッコでは非常に大事なお祭りですが、観光客にとっては店が閉まってしまい非常に不便な時期となります。
モロッコ人の各家庭にお呼ばれした場合は、モロッコならではの文化をみることでき、かなり刺激的なものとなるに違いありません。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ モロッコ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村