[モロッコ]6月15日より段階的に国際線を再開―渡航条件を発表[UPDATE]

07/06/2021新型コロナウイルス

モロッコ政府は2021年6月15日より国際線を段階的に再開することを発表しました。
2021年6月7日現在、54カ国との国境を閉鎖しています。

モロッコへの入国

今回の決定により、各国はコロナウイルスの亜種の拡散を制御することができた国を含むリスト「A」と、「A」に含まれない国をグループ化したリスト「B」の2つのリストに分類されます。

リストA国からモロッコへ入国した場合

リストA国からの旅行者は、モロッコ人、外国人、外国人居住者であるかどうかにかかわらず、ワクチン接種証明書または国の領土への入国日から少なくとも48時間のPCR検査の陰性結果が必要です。

(※6月12日追記)
リストAから到着した場合、予防接種を受けていれば、PCR検査は義務付けられなくなりました。ただし、予防接種パスポートまたは予防接種を受けたことを証明する証明書が必要になります。

なお、外国の予防接種証明書の保有者は、モロッコの予防接種証明書によってモロッコ国民に与えられるのと同じ条件を、モロッコ国内で享受することができるとのことです。

リストB国からモロッコへ入国した場合

リストB国からの旅行者は、旅行前に例外的な許可を取得し、国内領土への入国日から48時間以内に陰性のPCR検査を提示。
その後10日間の医療隔離を受ける必要があります。
※6月13日の発表により、モロッコの領土にアクセスするための事前の許可は不要になりました。

リストB対象国

アフガニスタンカウント、アルジェリア、アンゴラ、アルゼンチン、バーレーン、バングラデシュ、ベニン、ボリビア、ボツワナ、ブラジル、カンボジア、カメルーン、ケープベルデ、チリ、コロンビア、コンゴ、コンゴ(DRC)、キューバ、アラブ首長国連邦、エスワティーニ、グアテマラ、ハイチ、ホンジュラス、インド、インドネシア、イラン、イラク、ジャマイカ、カザフスタン、ケニア、クウェート、レソト、ラトビア、リベリア、リトアニア、マダガスカル、マレーシア、マラウイ、モルディブ、マリ、モーリシャス、メキシコ、ナミビア、ネパール、ニカラグア、ニジェール、オマーン、ウガンダ、パキスタン、パナマ、パラグアイ、ペルー、カタール、中央アフリカ共和国、人民北朝鮮、セイシェル、シエラレオネ、ソマリア、スーダン、南アフリカ、スリランカ、南スーダン、シリア、タンザニア、チャド、タイ、トーゴ、ウクライナ、ウルグアイ、ベネズエラ、ベトナム、イエメン、ザンビア、ジンバブエ

モロッコからの出国

今回の決定は、モロッコへの入国条件についてであり、モロッコ人、外国人、外国人居住者が海外に出国するための条件についてではありません。

モロッコから、海外に行くモロッコ人、外国人、外国人居住者は、モロッコの要件の他、目的地の国の要件を遵守する必要があります。

また、リストB国については、事前の承認が必要な場合があるため、出発前に該当国へ問合せすることをおすすめするとしています。

海上からの出入国

海上からの入国は、「マルハバ 2021」作戦(海路で海外に居住するモロッコ人の帰国)により、2020年と同じくフランスのセットとイタリアのジェノバからの2拠点からのみ行われるとのことです。搭乗時に提示されるPCR検査に加え、旅行者は船上で再度検査を受けます。



リストAとリストBは、外務、保健、観光を担当する省庁の電子サイトで定期的に公開されるとのことです。
どちらのリストも、必要に応じて少なくとも月に2回定期的に更新される予定となっています。

参照:Moroccan Diplomacy,MEDIAS24

にほんブログ村 海外生活ブログ モロッコ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村