モロッコ人との婚姻手続き 〜日本が先の場合

29/08/2018婚姻手続き

婚姻届け

まず、モロッコ人との婚姻手続きには2点の注意が必要です。

●婚姻するモロッコ人の協力がなければ、手続きを完了させるのは困難です。自分一人でやろうとは決して思わないでください。

モロッコ人の行政機関の動きは日本とは大きく異なり、日本人には想定し難いことがおそらく何度も起こるでしょう。日本の行政対応しか知らない場合は特に、混乱したり不安になることが多々あると思われます。モロッコでの対応方法を知っている人に任せるのが一番です。

●モロッコでの婚姻手続きは、婚姻する人の登録がある町にて行います。町によって、必要書類、申請手順が異なります。必ず、手続きをする町の警察署に行き必要書類を確認してください。

なお、だいたいの場合において、モロッコでは手順の1から10までを初めに教えてくれることはほぼありません。まず書類を用意したら次に何をすべきか教えてもらえる、それをやったら次にすべきことを教えてもらえる、という感じで、全体像を最初に全て掴むのはなかなか困難です。

多くの日本人にとっては、これがひとつのストレスになるでしょう。

 

日本での婚姻手続き

住民票がある区役所・市役所に婚姻に必要な書類を提出します。

必要書類

1.婚姻するモロッコ人のモロッコ政府発行の出生証明書(日本語訳つき)
2.婚姻するモロッコ人のモロッコ政府発行の独身証明書(日本語訳つき)
3.婚姻届(承認者はイスラム教徒2名)
4.自分の戸籍謄本
5.婚姻するモロッコ人のパスポート

厄介なのは1、2です。

1.婚姻するモロッコ人のモロッコ政府発行の出生証明書(日本語訳つき)
2.婚姻するモロッコ人のモロッコ政府発行の独身証明書(日本語訳つき)

は、青山にある在日モロッコ大使館を訪ねて発行してもらうことになりますが、訪ねればもらえる訳ではなく、モロッコから独身証明書と出生証明書を手配する必要があります。

もし、相手がモロッコから独身証明書と出生証明書を持ってきているのであれば、モロッコ大使館で日本語に訳してもらい、モロッコ政府発行の捺印をしてもらえばOKです。

※日本語訳は、在日モロッコ大使館にて、約2,000円くらいでしてもらえます。

もし、モロッコから独身証明書と出生証明書を持ってきていないのであれば、下記の手順で入手します。

①在日モロッコ大使館で、代理人が証明書を申請する旨のレター(印紙代505円)を書いてもらう。
②これをモロッコにいる代理人宛てに送る。
③代理人がそのレターを持ってラバトへ行き、独身証明書と出生証明書をもらう。
④代理人が独身証明書と出生証明書を日本へ送る。

独身証明書と出生証明書が届けば、在日モロッコ大使館で日本語訳をしてもらい、かつ捺印をもらえば、これで証明書の準備は整ったことになります。

外国人との結婚でよく「婚姻要件具備証明書」が必要になると言われますが、モロッコ人と日本人で結婚する場合には、これらがそれにあたります。

 

モロッコでの婚姻手続き

前述しましたが、申請する町によって必要書類、手順が異なりますので、必ず申請する町の警察署に行って確認してください。

なお、近々でモロッコに行く予定がない場合は在日モロッコ大使館にまずは尋ねてみましょう。

 

※2018年8月現在の情報です。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ モロッコ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村