知っておいて損はない!ライアンエアーの価格が変わるタイミング徹底検証

02/02/2019モロッコからの旅行

Ryanair(ライアンエアー)を何度か利用したことがある方なら、一度チケットが高くなって、しばらくしたら安くなっていたという状況に出くわしたことがあるのではないでしょうか。
高くなってから、再度、安くなるタイミングはいつなのか?

今回、自分がチケットを慌てて買った後に安くなってしまった辛い経験をもとに、サイトのシステム設計をしていた身からのあくまでも予想なのですが、ほぼ確実であろう、Ryanairが一度高くなってから安くなるタイミングを伝授します!

 

安いチケットとは

そもそもRyanairで安いチケットとは、利用率が少ない=席が空いているチケットです。
席が空いているうちに購入すればチケットは安いため、なるべく早く購入した方が安く購入できます。
席が埋まれば埋まるほどチケットが高くなる可能性が高くなるわけです。

という前提はなんとなくわかってはいたものの、まさか自分で自分の首を締めることになるとは…。

 

失敗からわかった高くなるタイミング&安くなるタイミング

失敗の経緯

チケットの検索

春に旅行するチケットをスカイスキャナーで探していたところ、フェズーバレンシア(スペイン)間がRyanairで一人往復3,000円ほどで行けることがわかりました。
バレンシアには見どころもいっぱい。
パリやロンドンに比べれば、ホテルの価格も良心的です。
今回の旅行は、バレンシアにしよう!とRyanairのサイトで予約を開始しました。

予約の開始

さて、予約を開始し、シートの予約画面まで来ました。

シートも決めて支払いの画面まで来て、ふと、
「預け荷物20kgを持って行こうとすると、チケットが倍の価格になってしまう。いつもなら預け荷物を必須にしているが、荷物を小さくできないだろうか?ちょっと明日まで考えて見よう。」
と思い次の日まで購入を見送りました。

再予約

次の日、「やっぱり20kgの預け荷物は必要だ」という結論になり、再度予約をしようとすると…
1,500円も高くなっている!!
たった1,500円ですが、3,000円のチケットが1,500円も高くなると考えると非常に高くなったように感じます。

これは、また明日まで待ったら安くなるかもしれない。
でも、ならずに、さらに高くなるかもしれない。
とりあえず、シートの選択画面まで再度きました。

すると、誰かが購入したのか一部の席が埋まっています。
さらに、昨日、私が購入しようとした席もすでに埋まっています。

これは購入しなくても一定時間、選択されたシートが確保されるシステムなのかもしれない、と予想。
違うシートを選択し、また購入画面まできて購入を見送り、再度、同じチケットの購入を進めると、やはり購入していないのに、先ほど選択したシートが埋まっています。

他の席が埋まったから高くなったのか、もしくは、自分で席を仮確保状態にしてしまったからチケットが高くなったのか…。はたまたその両方なのか…。
前者のせいだとすれば、この先、チケットが安くなることはありません。
さらに高くなる可能性もあります。
他の日の価格を見ると、さらに1,000円は高くなる可能性がありそうです。
結局、これ以上、高くなってたまるかと、焦って予約しました。

数時間後、再度同じチケットを検索してみると…

最初の安い価格に戻っている…!
シートの空き状況を確認すると、自分が仮確保状態にしてしまっていた座席も、誰かが購入したと思われた座席も空席になっています。

Ryanairのサイトで行われたと思われること

  1. 自分と同じように、シートの選択までしたが購入しなかった人がいた
  2. シートの仮確保の状況でRyanairのシステムが、席が埋まったと判断、価格を上げる
  3. バッチ(システムが自動的にサイトのデータ更新をすること)がまわり、それにより、実際は席が埋まっていない席に関してのデータ更新が入り、正しい空席の状況になった
  4. 空席数が、安いチケットのラインに達したので再度安くなった

ということが起きたと思われます。

シートに関するバッチの時間が何時に設定されているのかハッキリはわからないのですが、今回の経験を元にすると、1日に1回は確実にまわっています。
正しい空席状況を判断するのに、1日は待ってみてもいいと思います。

 

安いチケットを購入するためにすべきだったこと

見ていると、シートの仮確保状態にしてからすぐには価格は上がりません。
これもバッチがまわってからサイトがシートの埋まり具合を認識して、価格を設定するようです。
つまり、その日の価格が安いうちにチケットを購入してしまえばよかったのです。

または、他の人の動きまではさすがにわからないので、少なくとも自分が仮確保状態にしてしまった席の状況がリセットされるまで(サイトのバッチがまわり、正しい空席状況になるまで)待つべきだったのです。

その間に他の人が実際に購入してしまってはチケットが安くなることはないし、その間に多くの人がチケットを購入してさらに高くなる可能性はあります。
が、あまり人気のない路線で、かつまだ乗るまでに期間があるのであれば、すぐにチケットが売れる可能性は低いです。
チケットが高くなったといって焦って購入してはいけなかったのです。

特に、自分がシート選択までしたもののチケット購入せずサイトを離脱し、その日のうちに再度サイトを訪れた際に、自分が前回選択した席が埋まったままでチケットの価格が高くなっていた場合は要注意です。

 

今回のチケットが高くなった後に安くなった裏の状況は、あくまでも予想であり、この予想が合っていたとしても、システム変更は常に行われるもの。
ただ、人気のない路線で、まだ旅行までの日にちがある場合は、いったん、バッチがまわる(サイトの情報が更新される)のを待ってみてはいかがでしょうか。
とはいえ、待ってみたものの、結局さらにチケットを高くなってしまっても責任は負えませんので、あくまでもご自身の判断でお願いいたします…。

※2019年2月現在の情報です。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ モロッコ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村