これで安心!荷物制限は?ビザチェックとは?ライアンエアーの乗り方徹底解説[UPDATE]

12/09/2018モロッコからの旅行

モロッコからヨーロッパ各地、ヨーロッパからヨーロッパを移動するのにライアンエアー(RYAN AIR)が安くて便利です。
ただ、ナショナルフラッグ(国営の飛行機会社)に慣れているとRYAN AIRは自分でやらなければならないことが多少なりともあるので、ちょっと不安になるかもしれません。

ビザチェックをしなければならない、荷物の重さに厳しい…などというウワサも聞こえてくるライアンエアー。
けれど、実際はそんなに難しいことは何もありません!

 

チケットを購入する際にやること

やること1 荷物代は別!荷物分のチケットを購入しておく

預け荷物がある場合は

  • 10kgの荷物(55 x 40 x 20 cm以内)1つまで : 片道DH120(8ユーロ)
  • 20kgの荷物1つまで : 片道 DH280(25ユーロ)

です。

  • 機内持ち込みは荷物は前座席の下に入る荷物(40 x 20 x 25 cm以内)1つまでは無料

ですが、事前に荷物分のチケット購入なく2個以上になった場合は、チャージ金25ユーロを取られます。
また、

  • 手荷物として10kgの荷物(55x40x20cm)を1つ持ち込む場合 : 片道DH65(6ユーロ)

となります。

やること2  指定席にしたい場合は、指定席を購入する

基本自由席で、席指定にはお金がかかります。
12歳以下の子連れだと、子どもと親の席が離れないようにするため指定席選択は必須となります。親の指定座席料金はかかりますが、子どもの指定席料金は無料です。

チケットを購入する際に優先的チェックインなどいろいろと提案されますが、これらを全てつけるとあっという間に高くなってしまうので安く仕上げたいのであれば無視しましょう。

搭乗前にやること

やること1 オンラインチェックを行う

搭乗日近くになると注意点などのメールが頻繁にライアンエアーから送られて来て、オンラインチェックインをするように求められます。

座席指定をしている場合は60日前から、座席を購入していない場合は出発時刻より48時間前から2時間前までチェックインが可能となります。

やること2 チケットを印刷していく

印刷していかないとチャージを取られますので、ご注意を!
ライアンエアーのアプリで搭乗券を表示すれば印刷はいらない地域もあるようですが、モロッコ発の場合はプリントアウトが必須です。

やること3 搭乗前にビザチェックのスタンプをもらう

搭乗前にビザチェックが必要です。
ビザスタンプは印刷して持って行ったチケットに押してくれます。
このスタンプを忘れているとチャージを取られてしまいます。
チェックインカウンターで押してもらえなかった場合は、チェックインカウンターでどこでスタンプをもらえるのか確認しましょう。

・スペインのバレンシア空港のようにビザチェック用の場所を指定されている空港もありますが、チェックインカウンターで行ってくれる空港もあります。
・預け荷物は自分で飛行機まで運ぶ場合もあるようですが、フェズ空港やパリボーヴェ空港、ロンドンスタンステッド空港、バレンシア空港などチェックインカウンターで預けられるところが多いです。

 

これだけやればOKです!

 

ライアンエアーの機内サービス

飛行機の席も特に狭すぎることもなく(広いわけではありませんが)、シートが汚いということもありません。

機内食はもちろんなく、食べたい場合は購入しますがバカ高いということもありません(安くもありませんが)。
けれど、いろいろ選べるようなことがメニュー&免税品紹介の機内誌に書いてありますが、フェズ発の飛行機では選べるメニューはかなり限られています(単品購入も可能)。
パスタなども選べるようなことが機内誌には書かれていますが、選べる食べ物はサンドイッチのみと考えておいた方がいいでしょう。ちなみに、このサンドウィッチはおいしくありません。

飛行機内で免税品を購入することも可能ですよ!

 

とても安くモロッコからヨーロッパやヨーロッパ間を移動できるライアンエアー
他の航空会社と同じく頻繁に価格が変わりますので、気になったら何度かサイトを訪れて料金をチェックするのがおすすめです。

※2019年1月現在の情報です。(2020年2月一部情報更新)

にほんブログ村 海外生活ブログ モロッコ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村