ヨーロッパ最大の水族館!バレンシア”オセアノグラフィック”

08/04/2019世界の動物園・水族館

バレンシアの芸術科学都市の一部であるバレンシアの水族館”オセアノグラフィック(L’Oceanogràfic)“は2019年時点でヨーロッパ最大の水族館です。

バレンシアの芸術科学都市は、「芸術、科学、自然」をテーマとしたレジャースポットとなっており、非常に特徴的な建物で構成されています。

  • 映像、音響センター「レミスフェリック(L’Hemisfèric) 」
  • 博物館「フェリペ王子科学博物館(Museu de les Ciències Príncipe Felipe)」
  • オペラハウス「パラウ・デ・レス・アーツ(Palau de les Arts)」
  • ガーデンプロムナード「ルンブラクレ(L’ Umbracle)」
  • 水族館「オセアノグラフィック(L’Oceanogràfic)」

の5つの建物からなり、バレンシア中心部の歴史を感じる町並みとは異なり近代的な雰囲気が広がる空間です。

バレンシア中心部から行くと、芸術科学都市の最も海側に位置しているのがオセアノグラフィック(L’Oceanogràfic)です。

 

行き方

<バスで>
NO.95が水族館の入り口前に停車します。
バレンシア中心部からバスに乗ると、すぐに芸術科学都市の象徴的な建物がいくつも見えてきます。ついバスを降りてしまいたくなりますが、我慢。
芸術科学都市の象徴的な建物が見えた時点で下車してしまうと、かなり歩くことになります。
芸術科学都市の象徴的な建物を左手に見過ごし、オセアノグラフィック(L’Oceanogràfic)の入り口が見えるまで待ちましょう。

オセアノグラフィックの入り口

入場料

大人 : 29.7ユーロ
こども(4〜12歳) : 22.3ユーロ
4歳未満 : 無料

事前にオンラインで購入しても、当日購入しても特に価格が変わることはありませんが、VALÈNCIA TOURIST CARDを提示すると15%OFFになります。

また、オセアノグラフィック(L’Oceanogràfic)内の一部レストランでVALÈNCIA TOURIST CARDを提示すると10%OFFとなります。

 

オープン時間

  • 10:00〜18:00
  • 10:00〜20:00
  • 10:00〜22:00

※2019年4月時点の情報です。
※日によって変わるので、オセアノグラフィック(L’Oceanogràfic)サイトにて訪問前に確認してください。

 

見ることのできる生物

500種類以上の生物が飼育されています。

クマノミのような熱帯魚やクラゲなどの他、サメ、ワニ、ペンギン、水鳥も見ることができます。
長さ約30メートルほどの水中トンネルからサメなどの生物を見られる「オーシャンズ(OCÉANOS)」やイルカのショーは必見です。

水鳥などは手の届く場所で見学できます。

水族館というのでひとつの建物の室内のみで完結するのかと思いきや、敷地内にいくつもの建物が点在していて、そこで各生物を見ます。

いくつもの生物館があります。

 

レストラン

水槽に囲まれて回遊している魚を見ながら食事をとることができるレストラン、家族で楽しめるビュッフェ形式のレストラン、軽食を取れるスポットなど5箇所ほど飲食できる場所があります。
一部のレストランでは、12:30にオープンとなっていたのになかなか開かず、今日はやらないのかと思ったら、1時間後くらいに開店しました。

 

1日しっかり時間をかけて見たいほど、見どころいっぱいの水族館です。

 

途中で寄りたい!ガリバー公園

バレンシア中心部からオセアノグラフィック(L’Oceanogràfic)に向かう途中、大きなガリバーが寝転がっている公園があります。
こども連れならかなりおすすめです。
登ったり滑ったり、地元のこどもも大勢遊んでいます。
バスから窓の外を覗いているとガリバーが見えてくるので、見えたら降りましょう!

 


 

にほんブログ村 海外生活ブログ モロッコ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村