現地のお風呂体験!モロッコのハマムの入り方

09/10/2018基本情報

モロッコ人にとってのお風呂

モロッコは湿気が少ないせいか、日本のように汗でビッショリになることはあまりありません。
またモロッコでは水道代も電気代も決して安くないためか、家でシャワーを浴びるモロッコ人は稀です。

では、モロッコ人がどこで身体を洗うかというと”ハマム”です。
日本でいうと銭湯にあたります。
モロッコ人は綺麗好きなので、ハマムが大好きです。

しかし汗でビッショリにならないためか、はたまたわざわざハマムに行かなければならないためか、モロッコ人の多くは1週間に一度くらいしかハマムへ行きません。

1日に5回お祈りがあり、そのたびに顔、手足を洗い、トイレでもバシャバシャと水で洗うので、それでいつもスッキリしているのかもしれません。

ハマムの入り方

ハマムに行く準備

・バスタオル
・石鹸
・シャンプー
・身体を洗うタオル
・替えのパンツ(ハマムはパンツを履いて入りますので、履いてきたパンツはびしょびしょになります。替えのパンツを忘れないようにしましょう)
・ビーチサンダルなど濡れても良い履物(ハマム内を歩くのに使います)
・ハマム入場料DH10  + 荷物預け料DH10 + マッサージ料DH30〜50

その他
・ブラシ
・化粧水
・髭剃り
など

お金を払います

日本の銭湯のように、入り口で女湯と男湯にわかれます。
一人DH10のハマムが多いです。

荷物置き場を確保

次に自分の荷物を置く場所を確保します。
盗まれないようにするために、ハマムにいるおばさんが場所を指定してくることも。その場合は、おばさんにDH10ほど払う必要があります。
ハマムに大金やスマホなど貴重品を持っていくことは厳禁ですが、荷物置き場に支払うお金は念のため用意しておきましょう。

服を脱ぐ

お風呂に入るのですから服を脱ぐのは当たり前ですが、パンツは脱いではいけません
ハマムはパンツを履いたまま入ります。

マッサージをお願いする

服を脱いでハマムの中に進んで行くと、垢すりマッサージをしてくれるおばさんたちが何人か座っているでしょう。
お願いするのであれば、声をかけます。
頼まなくてももちろん問題ありません。
10分間でDH30〜50。

バケツを2つ確保

ハマムにはバケツが置かれています。
まず2つ取りましょう。
1つには熱いお湯を、もう一つには水を入れます。

次に自分の場所を確保し、熱いお湯と水を混ぜて浴びていきます。

ハマムもいろいろ

熱いお湯が入っているタンクと水が入っているタンクがあるハマム、蛇口からお湯と水がでるハマムなど、ハマムでもいろいろな形があります。
タンク型のハマムの場合、熱いお湯や水が溜まっているタンク周辺を陣取っていると「邪魔だ!」と怒られることも。
また、ひとりひとりで場所が区切られているハマムもあります。

身体を洗います

あとは、身体を洗っておしまいです。

注意すること

・貴重品は持って行かない
・ハマムは「お風呂」です。ハマム内の写真撮影は厳禁です。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ モロッコ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村